外貨建て一時払い保険とは買ってはいけない!クレーム急増中の理由とは

外貨保険 外貨建て保険

銀行ではたくさんの金融商品が売られています。投資信託や債券、外貨預金など本当に多種多様な商品があります。

多くのラインアップをそろえている銀行ですが買ってはいけない金融商品もたくさんあります。

銀行で買ってはいけない金融商品の代表格に外貨建て一時払い保険があります。

今回は、なぜ外貨建て一時払い保険がおすすめ出来ない商品なのかについて説明していきます。

外貨建て一時払い保険とは

外貨建て一時払い保険とは、アメリカドル(米ドル)やオーストラリアドル(豪ドル)建ての保険になります。一時払いと付いているので通常の月払いの保険と違い保険料を一括で納める保険になります。

外貨建て一時払い保険の特徴

外貨建て一時払い保険の特徴は、日本円(円)に比べて金利が高いことです。

金利比較
参考:https://www.dai-ichi.co.jp/market/interest.asp

金利が高いので当然日本円に比べて保険の利率も良くなります。

この利率の高さが、外貨建て一時払い保険が売れている最大の要因になります。

また外貨建て一時払い保険は、円から外貨にお金を換えて保険を購入するので購入時よりも為替が円安になればその分利益も大きくなる特徴があります。

近年外貨建て一時払い保険のクレームは急増している

金利が円より高くて為替が円安になれば、更なる利益を望むことが出来る外貨建て一時払い保険ですが近年クレームが急増しています。

理由は様々ありますが、多いのが販売会社である保険会社や銀行からしっかり説明を受けていなかったという理由です。ではなぜ外貨建て一時払い保険のクレームは多いのでしょうか?

外貨建て一時払い保険のからくり

外貨建て一時払い保険は金利が円より高く、為替が円安になれば更なる利益が見込める保険であると説明しました。

しかし、円高になった場合はどうでしょうか?当然ですが、円高になった場合、大きく損失を被る可能性があります。

近年為替は円高傾向です。為替が円高に進んでしまったため外貨建て一時払い保険のクレームが急増したと考えられます。

しかし、本当に問題なのは、外貨建て一時払い保険の販売方法と商品性にあるのです。

外貨建て一時払い保険の販売方法

外貨建て一時払い保険の販売方法は、

  1. 金利が円より高いからお得
  2. 為替が円安になったら更に利益が出る
  3. 為替が円高になっても金利が高いので金利でカバー出来る

の3点に集約されます。

①と②に関しては先ほどから何度も説明しているので割愛します。

③の為替が円高になっても金利が高いので金利でカバー出来るとはどういうことなのでしょうか?

例えば金利が年2%、期間10年の保険があるとします。単純に計算すると10年で20%殖えるといった意味です。10年で20%ふえるので為替が20%下がっても問題ないですよ!と説明して外貨建て一時払い保険を販売しているケースが非常に多いのです。

しかし、実際は、為替は20%くらい平気で変動します。特に豪ドルは、近年大きく下落傾向にあります。

1豪ドル=100円で外貨建て一時払い保険を購入してしまった人は、現在1豪ドル=70円なので30%、為替は円高に進んでいるということになります。

豪ドルチャート

参考:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/data/aud.html

金利の高さのみに着目して為替のリスクをしっかり説明しないことが外貨建て一時払い保険に対するクレームの急増に繋がっていると思います。

外貨建て一時払い保険の手数料

外貨建て一時払い保険は手数料が、ものすごく高い商品です。外貨建て一時払い保険で多いのが、10年以内に解約をすると解約手数料がかかるタイプの保険です。

特に契約をして早期に解約してしまうと解約手数料が5%かかる保険もめずらしくありません。

下記の数字は、みずほ銀行は販売している「しあわせの架け橋」という外貨建て一時払いの解約手数料になります。

しあわせの架け橋の手数料
参考:https://www.ms-primary.com/products/shiawase_no_kakehashi/catalog/top.html

中途解約をして利益を出すには手数料が高すぎて非常に難しい商品性になっているのです。

参考:しあわせの架け橋の評判とおすすめできない理由について

なぜ外貨建て一時払い保険を販売するのか

これだけコストの高い外貨建て一時払い保険を販売する理由は、銀行に入ってくる手数料が非常に高いからです。

以前は1,000万円の外貨建て一時払い保険を販売すると銀行に約100万円の手数料が入ってきました。今は金融庁からの指導が入り4%前後になっていますが、高い手数料が銀行に入ってくることに変わりはありません。

銀行には投資信託や債券など様々な金融商品がありますが、最も割がいいのが外貨建て一時払い保険になります。手数料がたくさん入るので銀行は外貨建て一時払い保険を販売するのです。

外貨建て一時払い保険は買ってはいけない

外貨建て一時払い保険は、銀行は確実に儲かる商品です。

しかし、顧客は儲かるかもしれませんが非常に高い手数料とリスクを払うことになります。

もし、外貨建て保険にどうしても入りたい場合は、為替のリスクを抑えることが出来る月払いの外貨建て保険に入ることをおすすめします。

為替のリスクが非常に高い一時払いは絶対にやめましょう!

いくら金利が高くても長期で保有するにはリスクが高すぎる金融商品になります。次回からは買ってはいけない外貨建て一時払いの具体的な商品を説明します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました